まだ誰も成し遂げたことのない、会話映像における10種類の頭部動作検出を目指して。

秋山解, 伍洋, Kris Kitani, László Jeni, “自然会話における頭部動作の検出”, 情処研報 CVIM 203, September 2016.

Kai Akiyama ―― I am a master's student belonging to NAIST International Collaborative Laboratory for Robotics Vision at Nara Institute of Science and Technology. I am also a member of Optical Media Interface Lab for a special reason. Takeo Kanade, Yasuhiro Mukaigawa and Yang Wu are my supervisors.

秋山 解 ―― 奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)情報科学研究科の博士前期課程に在籍しています。 国際共同研究室のロボットビジョン研究室(金出研)に所属しつつ、基幹研究室として光メディアインタフェース研究室にも籍を置いています。 金出武雄客員教授、向川康博教授、伍洋(WU Yang)特任助教らの指導を受けています。

Apr. 2010 - Mar. 2015 School of Systems Engineering,
Faculty of Engineering, Okayama University
Mar. 2013 - Dec. 2013 The University of Adelaide
(as an exchange student from Okayama Univ.)
Apr. 2015 - Now Graduate School of Information Science,
Nara Institute of Science and Technology
2010年4月-2015年3月 岡山大学 工学部 システム工学科
(高度システム安全学研究室)
2013年3月-2013年12月 アデレード大学
(岡山大学からEPOK交換留学生として派遣)
2015年4月-現在 奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科

Publications

秋山解, 伍洋, Kris Kitani, László Jeni, “自然会話における頭部動作の検出”, 情処研報 CVIM 203, September 2016.

Wu Yang, Kai Akiyama, Kris Kitani, László Jeni, Yasuhiro Mukaigawa, “Head Gesture Recognition in Spontaneous Human Conversations: A Benchmark”, CVPR 4th Workshop on Egocentric (First-Person) Vision, July 2016.

國吉房貴, 伊藤涼介, 秋山解, 田中賢一郎, 久保尋之, “高速な表示切替による無断撮影行為抑止システムの開発”, 電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会, CPSY2015-52, 千葉, October 2015.

秋山解, 麓敦子, 鈴木和彦, “現場作業支援のための指差呼称内容の提示・確認システムに関する研究”, 第47回安全工学研究発表会, no. 64, 筑波, December 2014.

Awards

Kai Akiyama, Yuki Yamamoto, Nozomi Terasaki, ISMAR 2015 Tracking Competition Award (Off-Site Category: Level 1), 14th IEEE ISMAR, October 2015.

Talks

Yang Wu, Kai Akiyama, “Towards first-person vision based recognition of head gestures in spontaneous human conversations”, The 6th symposium on International Collaborative Laboratories, January 2016.

As a system administrator of NASC, where we hold public events for the sake of scientific literacy of the community, I maintain the website and other web-based systems.

I joined events as a science communicator at: Ikoma Eco Festival (June 2015), NAIST Science School (July 2015) and Academic Volunteer Education at Naragakuen Junior High School (September 2015).

地域の方のサイエンス・リテラシー向上に資するためのイベントを開催するサイエンス・コミュニケーション団体NASCにて、Webサイトやその他のシステムを管理運営するシステム管理者として活動しています。

サイエンス・コミュニケーターとしては、いこま環境フェスティバル(2015/06)、NAISTサイエンス塾(2015/07)、奈良学園中学校でのアカデミックボランティア(2015/09)に参加しました。